teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:11/292 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

抵抗率について

 投稿者:れもん  投稿日:2011年12月12日(月)18時55分35秒
  通報
  はじめまして、2種の試験を受けようとしているのですが、電気に関してまったく初心者なので、いくつか質問させてください。

まず抵抗R[Ω]と抵抗率ρの違いなのですが
ρとは抵抗の強さみたいな物でしょうか?
同じ10Ωでも材料によってρは異なるようですが・・・
そのあたりからよくわかりません・・・。

次に、ρは長さlと断面積Aの抵抗Rに等しく、単位はΩmである
なんですが、Rに等しくΩmっていうのは
10Rの時、10Ωmってことでしょうか?
そうなった場合、Rさえわかってしまえばρは何につかうのか良く分かりません。

実際には長さl=1[m],断面積A=1[m㎡]の抵抗Rを低効率ρ[Ωm㎡/m]として使うことが多い←これはなぜですか?(試験では R=ρl/A[Ω] の公式だけでいいんでしょうか?)

最後に、A=1[㎡としたときの抵抗率ρ[Ωm]と A=1[m㎡]としたときの抵抗率ρ[Ωm㎡/m]の関係は

ρ[Ωm]=ρ[Ωm㎡/m]×10^-6 である

の意味が全くわかりません!!

見やすく?ρ=ρ×10^-6で考えればいいんでしょうか?
単位?が記入されてるせいか 難しく見えてしまい、理解しづらいです。。。
また、10^-6 は何故出てきたのでしょうか・・・

質問が多くてすいません。
がんばりたいのですが、テキストの最初の方で躓いてます。
よろしくおねがいします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:11/292 《前のページ | 次のページ》
/292