teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:63/212 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

親や教師による教育

 投稿者:ヨムヨム  投稿日:2014年 3月 5日(水)19時15分37秒
  通報
  科学的ではなくとも学問として研究が可能であるのは実証や反証が不可能な内容というのが部分的にそうであるというだけで全体がそうである訳では無いからです。

例えば同じ深層心理学でもユング派的な観点に立てば、フロイト派やアドラー派の理論には明らかに間違っていると根拠をあげて批判できる要素が部分的には存在します。同じことがフロイト派から見たユング派やアドラー派についても言えます。

そのように科学的な意味では完璧を期すことできない学問であるにも関わらず、(少なくとも部分的には)有用であり得ると考えられるのは、ちょうど学校の教師や家庭での親の教育が子供にとって役に立たないと切り捨てられない事情に似ているかもしれません。

教師や親の教えというものも、必ずしもすべてが科学的な真理ではありません。一般的にはむしろ科学的には誤っている事さえ部分的に含んでいると思います。しかし教師や親による教育は子供の健全な成長にとって役に立たないどころか必要なものです。もしも純粋に科学的だといえる内容しか教えないのであれば、教師や親は人間にとって重要な事柄の多くを子供に教える事ができないでしょう。自分の子供が隣のあの子とどう付き合うべきかという事柄さえ、科学的には答えられない問題なのですから。
 
 
》記事一覧表示

新着順:63/212 《前のページ | 次のページ》
/212