teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:71/212 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

深層心理学と漢方医学

 投稿者:ヨムヨム  投稿日:2014年 3月 2日(日)02時15分11秒
  通報
  フロイトやユングやアドラーを批判する際にしばしば彼らの主張のこの部分が不合理であるとか不十分であるとか非科学的であると指摘されます。私も深層心理学は純粋科学からは距離のある学問だと思います。

ただ私がそのような批判を読んで思い起こすのは漢方医学のことです。漢方もまた西欧科学的な医学とは事なり、その理論体系は非科学的でほとんど錬金術のようなものだと思います。

しかし漢方医学の理論の非科学的なところや不合理なところを見つけて来ていくらその不確かさを証明したところで、それによって漢方医療が無効であることを証明することはできません。

それと同じようなことが深層心理学への批判についても言えるのではないでしょうか。たしかに例えばある患者がユング派の分析によって治癒したのか、それともそれとは無関係に自然治癒したのかはわかりません。それは葛根湯を飲んだから治ったのか、飲まなくても治っていたのかがわからないことに似ています。統計データを取れば、統計的には検証できそうですが、そういう人体実験というのはやって良いものかどうかも怪しく思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:71/212 《前のページ | 次のページ》
/212