teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:91/214 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「失敗の本質」に関連して

 投稿者:たくみ  投稿日:2012年 4月30日(月)10時22分4秒
  通報
   清宮さん、こんにちわ。
 日本人のものの考え方や組織論は、ボクの追求するテーマでもありました。1982年に<認識×6+忘我論>を書いて、日本人の発想に同じような問題意識を持っていました。
http://coolboy.org/ninnshiki-6/001-kami.htm
「失敗の本質」は、かなり昔に読んだ本なので記憶も不確かになっていますが、「失敗の本質」には啓発されました。

 最近、小松真一の「虜人日記」を読んで感心し、山本七平へと興味が連なりました。山本七平の名前は知っていたのですが、キワモノ的な偏見を持っており読まず嫌いをしていました。しかし、「一下級将校の見た帝国陸軍」や「私の中の日本軍」を読んで、認識を完全に改めました。「空気の研究」を読むに及び、「失敗の本質」の追求した原因が解き明かされているように感じて、すでに故人になっていますが敬服しました。

 「失敗の本質」と「空気の研究」は、通底するものを感じます。<新たな環境変化に対応するために、自己革新能力を創造>する方向が、「空気の研究」で相当程度に提示されているのではないでしょうか。得心する部分が大きかったです。近々ブックレビューで取り上げるつもりです。

 蛇足ながら、同じ6人によって「戦略の本質」が上梓されていますが、こちらは残念ながら感銘を受けませんでした。



 
 
》記事一覧表示

新着順:91/214 《前のページ | 次のページ》
/214