teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:141/214 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

近代国家の売春

 投稿者:たくみメール  投稿日:2009年11月 5日(木)16時08分40秒
  通報
   具体状況をもっての判断という立場にはまったく同意します。国家や政府は、そこに生活する人のすべてを拘束するのではないので、<名無し>さんの言われるユダヤ教親子の例も充分に成り立ちます。イラクの件は、2・3日前のCNNの記事だったのです。

 ところで、個人的な信条の次元で言えば、売春するかしないかということになり、法律のレベルで言えば、犯罪視するかしないかということになり、その中間に道徳的な判断として、売春して良い悪いとなるのでしょうか。

 売春婦には自己自身の収入があり、夫という男性には経済的に頼っていません。多くの女性が、売春婦のように自立的に生きられては、核家族の性別役割分業が成り立ちません。工業社会の普及に核家族化が必要だったため、核家族での収入のない専業主婦を守る必要上、近代国家での売春は法的に禁止されたと考えています。というのは、先進国では専業主婦が少数になり、多くの女性に収入が生じてくると、もはや核家族を守る必要はなくなりました。そのため、先進国では売春が非処罰化(合法化?)されてきますが、非処罰化されたからといって売春が増えたと言うことはないようです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:141/214 《前のページ | 次のページ》
/214