teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/18 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

工事届け等「新システム」

 投稿者:組合員その1  投稿日:2010年10月 6日(水)14時14分53秒
  通報 返信・引用
  十勝電気工事業協同組合の新築予算等が総会で決議された後に、組合建物を建て替える
必要性があるのかまで波及をしそうな、組合事務の省略化となる、今回の書類提出の
新システムに移行、導入に対して意見を述べる事にする。

組合員が直接北電まで足を運び書類の提出する事に依り、組合員が事務手続きに多大な
時間を費やされてしまい、十勝電気工事業協同組合組合に加入をしている意味すらも
無くなるような、一般の電気工事事業所と同じ書類の受付方法となり、組合員として
組合費を支払っている、事務代行的なメリットが薄れ、十勝電気工事業協同組合組合とは
どの様な役目の組織なのか存在感すら疑問に感じる組合員も多いと思う。

組合員の中には、組合に加入している意味がないとして、脱会しても困らないと
言い出す組合員も出るだろうし、脱会会員が増えれば組合の存続までもが危機的な
状況に陥り、もしも、組合建物を新築をした場合、建物の建設費の負担は残された
組合員各社が負担を強いられる恐れもあり、組合員の減少の動きに波及しない事を
強く望むが、新築ありしで現状進むのは、それらの危険性もあると認識をして
理事達は動くべきであろうと強く思うのである。

繁忙期に書類の提出だけで、貴重な作業の時間までもが損失してしまう結果となり
組合加入の零細電気工事店としては、事務手続きに対して負担が増大するのだから
十勝電気工事業協同組合組合に加入している意味すらも、無くなると考えるのが
組合員としては普通ではないかと思います。

メーター取付、計器ボックスの取付、引込以下工事が認定された組合加入の
電気工事店が施工する事が許されているのか、それは急いで電気を供給して
貰いたい困っているお客様がいるからなのであり、北電に対し明日までに電気を
供給するようにとお客様が言えば、北電はお客様の要望に応える為に急いで
電気を供給しなくてはならない訳であり、その工事を代行しているのが
十勝電気工事組合加盟電気工事店なのであります。

今回の新システムに移行した要因として書類紛失などが、あったのかもしれないが
それは、個々の問題なのであって、組合員全員に波及するシステム改善にしてしまった
理事達の責任は重いのだろうと私は強く思うのである。
暇な時は、北電で油を売っていても良いのだが、忙しい時には10分でも30分でも
時間が欲しい時があるのだから、以前の書類の扱いに戻ると嬉しいのだが
組合建物建設には、新たな負担は組合員に負担を求めないと、総会での発言に
万か一、組合員が減少した場合、その約束が守られるのか不安になる訳である。
組合員数が減れば取扱量も当然に減り、組合の利益が出なければ、建設費の負担は
当然に組合員の元に支払い義務が生じる、建物の新築に対しては、もっと長いスパンで
情勢を見ながら考え進めないと駄目なのであろう。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/18 《前のページ | 次のページ》
/18