teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:24/208 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

フロイト以後の発展

 投稿者:ヨムヨム  投稿日:2014年 3月20日(木)01時09分53秒
  通報
  深層心理学方面については現在とても関心を惹かれている分野であるので、いろいろと思うところが多く、こちらの掲示版でもコメントを多く書きすぎてしまいました。すみません。

あと一点だけこれまでの話の中で見落としていたポイントがありました。というのは、どうも心理学というと、フロイト(やユングやアドラー)という風に連想してしまう訳ですが、行動派等もとから深層心理学の枠外にある心理学学派や、フロイト以後の精神分析学各派の発展の仕方などといった部分についてはほとんど念頭から外れていました。

そのためフロイトの精神分析をもとにフロイトの心理学を考えたり、批評することはできても、フロイトをもとに心理学一般を語ることができないという点を忘れていたように思います。というのも、精神分析に限っても主にアメリカの学派は精神医学との交流研究が活発でほとんど精神医学と精神分析とが一体となっているのとは対象的にイギリスの学派は精神医学と精神分析とはまったく交流の無いままに異質の分野として並存しているなど、同じ精神分析のなかでも大きく違っているようです。心理学方面というのも、ずいぶん裾野が広くて興味の尽きない分野だと思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:24/208 《前のページ | 次のページ》
/208