teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ありがとうございました!

 投稿者:岩松加世子メール  投稿日:2010年11月18日(木)19時50分27秒
  こんばんは。先生、早速の返事をありがとうございました!!

研修には指導主事レベルの方たちばかりがおられて、
なかなか声もかけられず、徳島観光(もっぱら駅付近の・・というより
一人お買い物ツアーですが)を満喫させてもらっています。
鳩が苦手な私にとって、徳島駅は快適です。だって、先生、鳩が
一匹もいないんです。なぜでしょう?
そして、先生が「英語」という言語に興味を持つことの話をされる
ときに出てくる「サンクス」が徳島には多いこと!
外国に行かなくても十分、異文化理解ができるなあと思いながら
歩いていました。高い山がないことも、これが四国かと驚きです。

昨日、直山先生の聞きながら、私たち加悦小学校が兼重先生から
教えていただいたことと同じことだなと思っていました。

私たちは、兼重先生とめぐり合えて本当にラッキーだったと
改めて感じています。
先進校の話や今後の進むべき方向などを教えていただいていたと
思います。

そこで、さらに先生に質問なのですが、
今日の研修の中でも、「あまりこらないように・・」といわれました。
でも、私は授業をしているなかで、思ったことがあるんです。

それは、英語ノート1では、英語という言語に出会って、さまざまな
ゲームや活動に慣れて、言語の習得の仕方やコミュニケーションの仕方
などをごっこ的に体験することがゴール。

でも、英語ノート2では、ノート重視よりも出てくる表現を使いながら
自分の伝えたいこと、言葉を英語に変換してコミュニケーションをする
活動、伝えたい、伝わったという気持ちを持たせることがゴールのような
気がしてきています。

つまり、英語ノート1では、絵カードを教師が提示して進む学習が主と
なり、英語ノート2では、自分のカードを作る、自分のいいたい言葉を増やす、
そんな学習が主ではないかと思うのです。

加悦小学校では、I can のところのレッスンでは、オリジナルカードを作りました。
行ってみたい国の紹介をしようというレッスンでは、行ってみたい国をネットや
旅行のパンフレットを使って調べ、紹介するポスターをこどもたちが作りました。

与えられる学習ではなく、伝えたい学習なのでこどもたちはのって活動しています。

でも、「こりすぎないように・・」といわれると、これって時間のかけすぎなのかなあと
やりながら疑問に思っています。(時間数としては、調べ学習の時間を2時間余分に
とりました。総合で)

また、先生の意見が聞きたいです。

明日は、研修最終日。実際やった自分の授業のことを話す予定です。どんなふうに
理解してもらえるか不安・・でも、楽しみです。

  パソコンを持ってこなかったので、ホテルのパソコンを借りて・・・岩松
 
 

久々の書き込み!

 投稿者:兼重メール  投稿日:2010年11月18日(木)17時20分14秒
  岩松先生ありがとうございます。
先日は本当にお世話になりました。研修の中でいろいろとお悩みのことも多いのだとおもいますが、「英語じゃなくてコミュニケーションだ!」「自分の伝えたいことを英語にして伝える、伝わったという喜びを感じる」というのは、とても大切ですし、それが外国語活動のねらいであることは、明らかだと思います。
おそらく参加者の皆さんは、その次をイメージしながら取り組まれている方々も多いのかもしれませんが、当初のねらいから飛躍しすぎるとしんどい部分がおおくなってくると思います。加悦小学校さんの取り組みは、よくがんばられていると思いますし、是非、芯(信、心)のある授業を続けていただきたいと願います。
また、お邪魔させてください!
 

徳島までやってきました!

 投稿者:岩松加世子メール  投稿日:2010年11月17日(水)20時37分36秒
  お久しぶりです。

京都府与謝野町立加悦小学校の岩松です。
10月の研究発表の時には、大変お世話になりました。

聞きたいことがいっぱいあるのに、発表の当日もゆっくり
話をしている暇がなく、とても残念でした。

校内の研究体制については、まだまだかなり課題がありますが、
授業をした私たち高学年担任は、ちょっとだけ研究の進むべき方向が
わかってきたような気がします。

今日は、徳島で行われている外国語の研修にきていて、鳴門教育大附属の
先生を探して声をかけました。兼重先生と月曜日に授業をしたところだと
聞き、ますます先生の話が聞きたくなりました。

2月には、附属の発表があると聞いているので、できたら行きたいなあ・・・と
思っています。

今日の研修に来ておられる先生方は、どちらかというと「英語」重視の気がして、
私としては、どうなのかなあと、また不安になりました。

昨年1年間、英語ノートで授業をしてきて、英語じゃなくてコミュニケーションだ!と
思っているのですが、それじゃやっぱりだめですか?
自分の伝えたいことを英語にして伝える、伝わったという喜びを感じるという授業では
だめでしょうか?
小中連携の話がたくさん出ていて、いかに中学英語に移行するか・・というような
話にも思えてきて・・。そこも大事っていわれると、自分がやってることって違うような
気がして。

お話できたらうれしいです。先生の意見が聞きたいです。
                           岩松
 

掲示板リニューアル

 投稿者:管理者  投稿日:2008年 4月 5日(土)17時26分20秒
  しばらく稼働しておりませんでしたが,平成20年4月5日より,再稼働いたします。是非ご利用ください。  

レンタル掲示板
/1