teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


空気浄化の観葉植物としてボストンファーン人気

 投稿者:管理者メール  投稿日:2004年 2月24日(火)15時33分23秒
  ボストンファーンは、葉が弓なりに垂れ下がるの特徴のシダ科の植物です。アメリカの環境機関の研究で、シックハウス症候群の原因物質の一つ、ホルムアルデヒドの除去効果が、植物の中で最も高いことが明らかになったらしい。急速に人気を集めている。
2月19日(中日新聞)より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040219-00000003-cnc-l25
ボストンファーンは、品種名です。ネフロレピス属(和名西洋タマシダ)に属しています。品種が多くがあるようなので、必ずボストンファーンか、和名ボストンタマシダで探しましょう。
 
 

レジオネラ症対策 温浴施設の改修設備費を金融機関が支援 /香川

 投稿者:管理者メール  投稿日:2004年 2月24日(火)14時47分9秒
  温浴施設で感染し、患者が死亡するケースも出ている「レジオネラ症」。この原因は、浴槽の湯をろ過して再利用することによって、湯の中に残ったレジオネラ菌が湯気や泡に含まれ、口や鼻を通して人体に入り込むことで感染するためである。菌が発生する条件は、水が交換されない▽水温が20~50度▽粘り気のある湿った場所の3点である。特に毎日定期的に水を入れ替えず、ろ過して浮遊物をこし取るだけで循環させるタイプの施設では、菌は取り除かれず生き延びる。県と高松市の保健所が昨年行った検査では、営業許可を得ている施設のうち、27・2%が、水をろ過して再利用していた。そのうち、9割の施設が指導を受けた。今年4月以降、公衆浴場や旅館などにレジオネラ症対策を義務づけた県条例の完全施行後は、営業停止を含む罰則ができる。菌の発生を防ぐため、施設の改修などで、コストにはね返り、経営を圧迫する可能性がある。百十四銀行(高松市)は、こうした経費を5年を上限に融資する制度を今月13日から導入し、通常よりも低い年率1・875%の低金利で、担保も不要。融資限度額は1000万円で、分割での返済にも応じる。県内の同行本支店窓口で相談を受けている。温浴施設を営む中小企業の支援と、レジオネラ症による観光客への信用低下の防止であるが、金融システムが不安定な状態が続く中、地域経済に影響が大きい地元金融機関の危機感の表れとも言える。2月20日(毎日新聞)より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040220-00000001-mai-l37
感染を防ぐためにも塩素を用いることは仕方が無い。塩素は発ガン物質であるが、温泉程度では、問題ないと考えられる。もし問題があるなら水道水を直接飲むことは、危険極まりないことになる。しかし松山の道後温泉の問題もあったが、塩素を入れることは本当に残念だ。たしかに成分的に問題は無いとは思うが、塩素を入れれば大丈夫という気が施設側に出なければいいが。水を入れ替える回数を減らし塩素を増やさないか?PHが変わるし、塩素臭い温泉もどうかと思う。
 

近江八幡市内小学校5、6年の5人に1人が高コレステロール値

 投稿者:管理者メール  投稿日:2004年 2月23日(月)10時44分35秒
  19日、滋賀県近江八幡市内の小学校で、5、6年生の5人に1人が高コレステロール値を示し、高脂血症による動脈硬化など生活習慣病がらみの問題を抱えていることが、分かった。一つの小学校では、昨年秋に採血した5、6年生の21%が200前後。さらに12%の児童は「高脂血症」とされる220以上で、何人かは薬の服用が必要とされる250以上の値だった。また、全体の34%の児童が、動脈硬化の最大の原因とされるコレステロールの値に問題があると指摘された。
補足:総コレステロール値(TC)(正常)160~219mg/dl
[2月20日20時7分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040220-00000005-mai-l25
(--;)・・・言うべき言葉が無い。
 

しょうゆの搾りかす有効活用 秋田

 投稿者:管理者メール  投稿日:2004年 2月21日(土)12時31分35秒
  秋田市の民間研究機関「県産資源開発研究所」(早川昭代表)は、廃棄されるしょうゆの搾りかすを有効活用しようと「醤の実茶」を完成させた。もろみからしょうゆを搾る時に残るかすは、塩分を含み、そのまま廃棄すると土壌に影響があることから産業廃棄物扱いされ処理が難しくなっている。もろみは、酵母や酵素を含み、消化を助けると言われている。同研究所は、かすに熱を加えて乾燥させると、白いかびが発生する。食用可能だが見た目が悪いため、クマザサをブレンドして発酵を抑制。さらに高血圧や動脈硬化の予防効果があるアミノ酸の一種「ギャバ」を含む発芽玄米を使用した。早川代表は「健康効果は抜群で、新たな秋田の特産品になれば」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040218-00000001-mai-l05
補足:ギャバは体内で主に抑制系の神経伝達物質として脳内の血流を活発にし、酸素供給量を増やしたり、脳細胞の代謝機能を高めるはたらきがあることがわかっているので、不眠等にいいかもしれない。また精神を安定させる働きもある。
 

那覇の物産展

 投稿者:管理者メール  投稿日:2004年 2月20日(金)16時18分29秒
  第26回「那覇の物産展」おいて那覇市長賞に6点が決まりました。最優秀賞には琉球バイオリソース開発(稲福盛雄社長)の「発酵モモタマナ茶」が選ばれました。「発酵モモタマナ茶」は、沖縄で街路樹に利用されるモモタマナ(方言名クワディーサー)の葉を使用したお茶で、強い抗酸化性や豊富なポリフェノールを含くみ、生活習慣病予防食品として、沖縄産官学共同研究推進事業で開発された商品です。身近な材料を使ったアイデア、ティーパックで気軽に飲みやすいことなどが高い評価を得ました。優秀賞2点は、豆腐ようをねり状にし、パンに塗ったりドレッシングとして使える紅濱の「ねり唐芙蓉」と、野草のクミスクチンを有効成分「ロズマリン酸」が多く抽出できるアルコール抽出方法を使った沖縄発酵化学の「クミスクチンエキス粒」。奨励賞3点は、琉紀産業の「ノニ黒酢」、藍染なみかわの「染色にチャレンジ」、Plus! の「手作りのまんまるちんすこう」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040217-00000003-ryu-oki
 

中国製減肥茶から下剤

 投稿者:管理者メール  投稿日:2004年 2月20日(金)12時15分44秒
  19日北海道は、中国製減肥茶から、下剤に使われる医薬品のセンナを検出したと発表した。北海道は、薬事法違反で販売中止と回収を指示。道外業者を所管する都県にも同様の措置を依頼した。健康被害の報告はないという。販売業者名と商品名は次の通り。バリューコーポレーション(札幌市)「速攻減肥茶」▽ウェルネスジャパン(埼玉県熊谷市)「中国減肥普☆茶」▽ユウキ製薬(さいたま市)「体脂肪ダイエットティー」▽ミロヴィーナス製薬(東京)「プーレイダイエット茶」▽アルファ(同)「爽(そう)快するするダイエット茶」▽リアルネット(同)「新寧紅麗麗茶」▽メタボリック(同)「快々通々新どくだみアロエ茶」▽ミロヴィーナス(香川県東かがわ市)「プーレイダイエット茶」
(注)☆はサンズイに耳
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040219-00000143-kyodo-soci
 

過重労働で企業の35%が健康障害心配

 投稿者:管理者メール  投稿日:2004年 2月16日(月)14時02分55秒
  東京労働局が都内に本社を置く従業員規模300人以上の企業に対し2003年10~11月、アンケートを行った(回収率28%)。それによると従業員の過重な労働による脳・心臓疾患などへの健康障害を心配している企業が35.3%になることが分かった(前年度比で5.2ポイント上昇)。また精神疾患の懸念があるとした企業は35.5%だった(前年度より8.1ポイント上昇)。しかしまだまだ会社が、従業員の健康の予防まで手がまわらない以上、自分で守らなければならない。体をやわらくしよう。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040213-00000002-mai-l13
 

がん患者3.2%は診断被爆?

 投稿者:管理者メール  投稿日:2004年 2月16日(月)09時01分26秒
  英・オクスフォード大グループの研究によって、日本おける年間がん発生患者の3.2%が診断被爆であることがわかった。これは検査対象の15カ国中最多です。(英0.6%、米0.9%最多のクロアチアで1.8%)。日本はなんと平均の2.7倍。特に注目する点は、日本での1000人あたりの年間検査回数は、15カ国平均の1.8倍。つまり検査のための被爆量が多いことが指摘されます。また被爆量が多いとされているCTの日本における普及台数は、人口1000人当たり64台で2位のスイスは24台。世界一です。もともとレントゲンを取った後、白血球が減ることは知られていました。検査は、必要不可欠なものです。しかし手軽で便利さが仇になったようです。今不要な検査を減らすことが医療機関に求められています。我々の勤めは健康を維持し検査回数を減らすことだとしみじみ思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040210-00000090-kyodo-soci
 

水仙

 投稿者:管理者メール  投稿日:2004年 2月 9日(月)15時33分47秒
  淡路島の黒岩水仙郷に出かけてきた。黒岩水仙郷は自生水仙として有名で海岸に咲き、淡路島で名所になっています。12月から3月まで花を楽しめますが、今年は暖かいせいか、花も終わりになっています。ギリシャ神話の美少年ナルキッソスが水面に映る自分の姿に惚れてしまい。そこから離れることができなくなり死んでしまいました。そこに生えたが水仙です。今でも自分の姿が見えるように、水仙は少しうつむき加減に咲きます。水仙は、英語でnarcissusと呼びます。またナルキッソスは自己愛のナルシストの語源となりました。水仙には肩こり、捻挫にすりおろして貼るという使い方がありますが、毒があり口に入れてはいけません。それこそナルキッソスの祟りにあうこと請け合いです。  

植物エストロゲン

 投稿者:管理者メール  投稿日:2004年 1月28日(水)12時17分27秒
  植物エストロゲンは、エストロゲン(女性ホルモン)のような働きをするものとして更年期障害、乳がんや前立腺がんに有効とされています。特に有名なのは、大豆のイソフラボンです。確かに有効と思いますが、大量摂取や乳児に与えることにより性的障害が起こらないか、との指摘もあります。たしかに植物エストロゲンも体内撹乱物質の一つでしょう。どのくらいが適当かは、今後研究者達の努力に期待するばかりです。大事なことは自然のものは安全との考えは捨てることです。植物にとって人間などは知ったこっちゃないのです。漢方薬の成分にしてももともと植物が、虫の食害を避けるための物質です。大量に取って良いわけがない。気をつけてください。  

レンタル掲示板
/6