teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:雲州小豆  投稿日:2007年 7月 4日(水)00時15分46秒
  文章が重なって読めない箇所があります。修正していただけませんか。またあなた様のプロフィールを紹介していただけたらと願います。  
 

美しい日本の枠プロジェクト

 投稿者:けんけんメール  投稿日:2007年 5月10日(木)02時30分3秒
   漏れは、憲法9条を内閣府にメールしてやったったよ!
 政府の「美しい日本の枠」プロジェクトwww
  みんなもどんどんメールしたって!

 http://www.kantei.go.jp/be-nippon/sui/index.html
 

私は北朝鮮的な共産党思想は恐い!

 投稿者:国民  投稿日:2007年 3月 2日(金)03時31分7秒
  北朝鮮問題が大きくなる昨今、特に共産主義には脅威を感じます。共産主義の歴史の大半が人間軽視の独裁国家だからです。最初は良い様な事を言いながら、最終的に国民が気が付いた時には、後の祭り、独裁になっている。共産党の外郭団体の民医連で殺人罪に問われた殺人事件が良い例です。詳しくはニュースを見て下さい。  

的外れかも知れませんが

 投稿者:外野から  投稿日:2006年10月 1日(日)19時53分41秒
  管理人さんは党員ですか?
そうでないことを祈りつつ書き込みをさせていただきます。
確かに共産党は戦前から日本共産党として一般市民の願いを口にしてきました。
そして共産党内の縦社会をルール化してきたのだと思います。
その為に選挙において大敗を喫しも委員長、書記長が替わることが無いのだと思います。
その事だけで党の体質を批判して良いものでしょうか?
確かに今共産党は選挙の度に議席数を減らして行ってます。
このままでは社会党と同じ運命を辿るかも知れないでしょう。
でも共産党の言っている事には(理想と言われるかも知れませんが)国民が安心して暮らせる社会にしたいと言う思いがあると思います。
憲法第9条にしても、消費税や社会福祉の事にしてももっと社会の人に受け入れられるべき事だと思います。
また、政党資金助成を拒絶し赤旗や党員からの寄付金で運営している事ももっと公表すべきことだと思います。
でも考えて見るとやっぱり共産党は大きく成れない政党なのかもしれません。
簡単に言うなら自民党がトヨタで共産党はいすゞみたいなもの。
コマーシャルが下手なために(赤旗に頼りすぎ)国民に浸透しない+戦前からのバッシングで共産党=赤=まともな考えの政党じゃない=自分が共産党員だとは公表できない。
したがっていくら管理人さんが応援したとしても、共産党員は増えないし耳を貸す人も居ないのではないでしょうか。
 

私は共産党のことを考えていません

 投稿者:管理者  投稿日:2006年 9月19日(火)01時19分50秒
   実は、私は共産党のこと(だけ)を考えていません。私が考えているのは、日本の社会の現状とその改善の展望です。そのことにおいて、共産党に期待しているのです。また党名の変更については、強いて望んではいません。しかしKen2004さんがおっしゃるように、共産党には特異な体質というものがあるのかもしれません。本文のなかで述べているような「既得権」をもった特権階級というものがあるのかもしれません。その疑いが、選挙に敗北しても党首の交替がみられないことなどに表れているのかもしれません。党内部の縛りが強くて、自由な発言が許されないということもあるのかもしれません。その体質から脱皮できなければ、共産党は現状のままでしょう。共産党が共産主義社会の実現をめざす原理主義的な集団ではなく、より良いアソシエーションの実現をめざす自由な集団であってほしい。それが共産党に「拝啓」とつける私の気持ちです。  

管理人さんは、日本共産党のことを考えていますね。

 投稿者:ken2004  投稿日:2006年 6月18日(日)16時07分11秒
   管理人さんの意見を読ませていただきました。 日本共産党をより国民政党にしたいと言う熱意を感じます。ご意見もその線で統一されています。 頼もしいことです。 が、これは党を外部から捕らえている意見です。 内部的には管理人さんの考えている逆をを行っていると思います。 私自身は、党員ではありませんので、党内部のことは分かりませんので断定できませんし、その証拠は党の外に出ることはありません。 管理人さんが党員でいらっしゃったら、党の内部のことを外に向かって言うはずはありません。 党内部のことを少し書いてベストセラーになっている本が最近出版されましたが、書いた著者は元党員で、党内ナンバー4の地位を得て国会議員までなった人ですが、セクハラ問題で、議員を辞めさせられたのを機に党からを離党されました。 本人からの説明を外に向かってさせてもらえないままの党の体質に疑問を掲げていらっしゃいます。
 そのことはさておき、「日本共産党」の政党名を変えるべきとの声はそれなりあり、理由は管理人さんと同様なものです。 特に”日本”と言うところに力点を置いています。それは、外国の共産党とは一味違うことを意味しています。 科学的社会主義の実践を行なっているのは「日本共産党」だけだ、とする誇りです。 この科学的社会主義の実践をするものだけが、党でいう国民で、それ以外は否国民。極端な言い方ですが、それくらいの意思の固い団体でもあります。
 いま、管理人さんのいうとおり、政党名を変えたら、多くの支持者が集まるでしょうか、それより先に党員が我先に離党するでしょう。 名目は何でもいいですが、口では、「あの誇りにしていた党名が変り、政党の伝統が維持できない」とかいうでしょう。 党名の変更は、一部の党員、利権をほしいままにしている党員にとっては、自分の地位が脅かされ、これまで党の中で振るっていた権力が使えなくなる危惧があるからです。 新たに集めた”新党員”は、これまでの党の伝統やしきたりに疑問の声をあげるでしょうから、その対策に打つ手がないのが現状ではかと思います。
 管理人さんが、党員で、あなたの声明を赤旗新聞に投稿してみなさい。 無視されるか、バッシングを受けるかのどちらかでしょう。 この党は、党を守るためには何でもありきですから。 管理人さんの意見は、一般の支持者の域をでてないし、党自体の批判文でないので、大丈夫でしょう。
 

私は反共の共産党支持者です

 投稿者:管理者  投稿日:2005年 9月23日(金)22時22分7秒
   遅まきですが、上総介さんにお応えするかたちで一言。私は確かに共産党の支持者ですが、その理由は、共産党はとにかくも生活者の目線に立った政策を提言し、憲法第9条に立った平和主義を掲げる政党だからです。しかし私のホームページでの批評は、共産党に対してかなり辛らつなものです。それは、共産党が、国政レベルにおける拡大への戦略を欠き、その政策を活かしきれていないからです。
 上総介さんは、イデオロギー的に共産主義は終わっていると見ておられるようですが、私もそのことを否定しません。私は共産主義にユートピアをみるほどイデアリストではなく、むしろ反共産主義です。その意味は、ホームページの拙論を読んでいただければ、分かっていただけるでしょう。(別の言い方をすれば、私はマルクスは有効だと思うが、マルキシストではない、ということになります。)私が共産党に求めるのは、共産主義社会の実現ではなく、「より良い社会」の実現です。ですから共産党に、そのような政党になってほしいと提言しています。またそうならないと、共産党の拡大は無理だと思います。
 

はじめまして

 投稿者:∴上総介  投稿日:2005年 2月16日(水)02時50分54秒
   ∴上総介(かずさのすけ)と申します。よろしくおねがいします。

 管理者は共産党支持のようですが、僕にはよく理解できません。19世紀後半に台頭してきた社会主義思想ですが、ロシア革命後の統治のためにソビエト国家建設の一手段として用いられました。贅沢三昧のニコライ2世への反発もあり、ソ連では容易に広まりました。そしてコミンテルンにより、ソ連の政治的な拡大政策に伴って世界に広まりました。

 しかし、ソ連が崩壊してその政治的な意味がなくなると、世界の社会主義国は瓦解していきました。中国においても然りです。そのような情勢のなか、なぜ今日本で共産党の台頭が必要なのでしょうか。欧米の資本主義・自由主義が思想・経済において浸透している現在日本で、あえて共産党に政治体制をギアチェンジする必要性はどこにあるのでしょうか。僕にはそこが理解できません。もし必要であるというならば、資本主義・自由主義という概念を、理論的に否定する論拠が最低限必要です。そしてその論拠よりも共産党の掲げる理念がいかにすぐれているのかを論拠はもちろんですが、数理的に提示する必要があります。冷戦時代のソ共や中共は膨大な費用をかけてそれをしましたが、結局は欧米の思想に屈しました。中共は今現在も共産主義が民主主義よりも勝る点を研究していますが、はっきりとした論拠はいまだに示せていません。

 僕はこの「なぜ今共産党が必要なのか」という明確な論拠を示さずに、共産党を支持する理由が理解できません。

http://www.geocities.jp/dainipponjyuku/

 

メディアの批判が今必要では、、、

 投稿者:Kouhei  投稿日:2004年12月19日(日)15時27分26秒
  読売新聞の社説論評のページを作りました。よろしかったら訪ねてださい
http://love.ap.teacup.com/kouhei/
政府自民党の大本営発表のような毎日の読売社説をじっくりと読んでみようと言うわけです。

読売新聞の社説はどうなの・・
■はびこる利権政治、自民党公明党の小泉内閣の国民無視パフォーマンス 政治、年金改革による負担増は未だに批判が根強い。イラク戦争と、多国籍軍への参加は平和外交の転換として多くの論議を呼んでいる。そんななかで自民党政治を全力で支えているのが読売新聞ではないか。日々の主張を慎重に読んでみよう。
 

提案の感想2

 投稿者:kouhei  投稿日:2004年12月 6日(月)12時35分36秒
  提案にあるように、北朝鮮問題を積極的に取り上げることは賛成です。
利権政治、国民負担増をすすめる勢力はこんなに都合の良い話題はないようです。
経済制裁は戦争推進派が煽っている現実が知られていないのだと思います。
以下の掲示板を見ればよくわかります。

経済制裁すれば拉致問題 核問題解決するの??
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1102179942/l50

マスコミはじめ戦争推進勢力が物量作戦で宣伝をしていますが、冷静に考えればばかげた話と理解されていくのではないでしょうか。
北朝鮮の無法を糾弾し精算を迫ることと武力で政権の転覆を謀ることは全く別のこと。
そうした健全な声を強くすることが必要なのでしょう。
 

レンタル掲示板
/2